日本酒と清酒って同じじゃないの?さらに原酒ってなに?

日本酒と1合瓶 お酒

いつも飲み会の席ではビールかチューハイの私ですが、

先日、仕事仲間と飲んでいるときに一人の後輩が

「原酒美味しいんですよね」

という話になった。

 

普段から日本酒を飲まれる人からすれば、当たり前に知っている言葉

かもしれないが、日本酒を飲まない人からすれば

「日本酒は日本酒でしょ」って話になります。

 

調べたら日本酒もいろいろと細かく分類されているし

製造過程によって呼び方も違ってくる。

そこで日本酒についていろいろ調べてみました。

日本酒と清酒って何が違うの?

 

おちょこに日本酒を注ぐ

まず、「日本酒」って何かってことです。

人によっては「日本酒」と言ったり、「清酒」と言う人もいます。

また、これまで居酒屋に行って何気なく見ていたドリンクメニューですが、

そのメニューの中にビール、日本酒、焼酎、カクテル、ワイン、ソフトドリンク、

とだいたいがそう書かれてあります。

 

お店によっては、「日本酒」ではなく「清酒」と書かれてあります。

 

「じゃあ、日本酒も清酒も同じじゃん」って

思いますよね。

 

結論、普段私達が日常で使うにはどちらでもいいんです

どちらも間違いではない。

 

現在の酒税法では、

清酒 次に掲げる酒類でアルコール分が二十二度未満のものをいう。
イ 米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの
ロ 米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が米(こうじ米を含む。)の重量の百分の五十を超えないものに限る。)
ハ 清酒に清酒かすを加えて、こしたもの

出典: https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=328AC0000000006        

とあります。

 

また、種類業を管轄する 国税庁では、

原料の米に国内産米のみを使い、かつ、日本国内で製造された清酒のみが、
「日本酒」 を独占的に名乗ることができる

出典: https://www.nta.go.jp/taxes/sake/hyoji/minaoshi/pdf/chiritekihyoji.pdf

と記載されています。

 

つまり、日本の原料日本で製造した日本のおが、「日本酒」だってことです

 

日本酒

 

「清酒」は字の通り清い酒です。きれいで濁りのない酒が「清酒」です。

 

酒税法にある通り

アルコール分が22度未満のもので

米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品を原料として

 発酵させて、こしたもの。

 

ただ、「清酒」には「にごり酒」も含まれます。

 

「えっ!にごり酒はこしてないんじゃないの?」

(こすとは、濾過することではなく固液分離することを指す)

と思われるかもしれませんが、実は濁っていてもこしているんです。

 

もろみを粗ごししたものが「にごり酒」

        

さらにこして少し濁りを残したものを「うすにごり」

        

全くこしてないもの「どぶろく」(清酒ではない)

 

これらから、アルコール度数22度未満で、

米、米こうじ、水を主な原料として、

発酵させこしたものが「清酒」。

「清酒」のうち国内産米で、国内で製造したものを「日本酒」

というわけです。

 

なので、アルコール度数22度以上とか、

外国産米とか外国製造でないかぎり、

「日本酒」「清酒」どちらを使っても間違いではないのです。

 

因みにアルコール度数22度以上は、リキュール扱いとなります。

 

原酒ってなに~?

日本酒の一升瓶

私たちがスーパーやコンビニ、酒屋でよく見かける日本酒は

実は水が加えられています。これを割水わりみず加水かすいといいます。

これは貯蔵後のアルコール度数が20%前後であるため、

仕込み水を加えてアルコール度数15%前後にし目的の味に整えます。

 

「原酒」とは、(割水わりみず加水かすい)工程をしないお酒のことです。

 

 

日本酒が出来るまで数々の作業工程があります。

作業工程が変われば特定名称も変わります。

知れば知るほど日本酒は奥深いものです。